翻訳にまつわるアレコレ//翻訳にまつわる雑多な情報など・・
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/01/29 (Thu) 黒猫/モルグ街の殺人(著:エドガー・アラン・ポー 翻訳:小川高義)

小川氏の講演で宣伝されちゃったので、ご祝儀代わりに購入した。

以下は読んだ時の感想。



光文社古典新訳文庫の一冊。JTF翻訳祭での「翻訳は推理ゲームである」と題された小川氏の講演を聞いたのをきっかけに購入。ポーはもちろん読んでいるが、それも遥か昔のことである。新訳ということで読みやすくはなっているが、話自体が古めかしいのは否めない。そんな中でもやはり推理小説の元祖といわれる「モルグ街の殺人」は煌めきを放っている。一人称の語り手を脇役に配して、探偵(オーギュスト・デュパン)と読者のつなぎ役にする手法は、のちのホームズとワトソンを始めとして数々の類作を生んでいる。史上最も有名とも思われる犯人(?)も印象的だ。
新訳に際しての苦労や裏話は巻末の「解説」に記されており、こちらも興味深い。その最後にはこう書かれている。

訳者にとってポーは手応えのある仕事だった。書いてある限られた手がかりから、どれだけ現場の状況を再現できるか、翻訳は一種の探偵業なのだと痛感する。



光文社古典新訳文庫シリーズはなかなか素晴らしい企画だ。読んでみたいけれども取っつきにくい古典に「新訳」という光をあててくれる。いつか『カラマーゾフの兄弟』にも挑戦したいな。(2007/1/8)



黒猫/モルグ街の殺人
黒猫/モルグ街の殺人ポー 小川 高義

光文社 2006-10-12
売り上げランキング : 44611


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


<<観光(著:ラッタウット・ラープチャルーンサップ 翻訳:古屋美登里) | TOP | 第16回JTF翻訳祭レポート(その2)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://kanekatu.blog65.fc2.com/tb.php/9-f1e7109b

| TOP |

プロフィール

kanekatu

Author:kanekatu
翻訳会社コーディネータの徒然。別にやっているブログからの転載もあるかも。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。