翻訳にまつわるアレコレ//翻訳にまつわる雑多な情報など・・
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/10/22 (Wed) 遁走状態(ブライアン・エヴンソン著 柴田元幸訳)

幻想と覚醒が織りなす、19の悪夢。驚異の短篇集、待望の邦訳刊行! 前妻と前々妻に追われる元夫。見えない箱に眠りを奪われる女。勝手に喋る舌を止められない老教授。ニセの救世主。「私」は気づけばもう「私」でなく、日常は彼方に遁走する。奇想天外なのにどこまでも醒め、滑稽でいながら切実な恐怖に満ちた、19の物語。ホラーもファンタジーも純文学も超える驚異の短篇集、待望の邦訳刊行!



雑誌「MONKEY」に掲載された 「ザ・パニッシュ」 という短編が面白かったので、この本も読んでみた。現実と幻想の境目が溶け出すような不穏な話が多い。ついて行けない話もいくつかあったが、概ね興味深く読んだ。基本的にラストも救いがないところが逆にいいんだよな。ジャンル分け不能の独特の世界観だな。
英米文学好きの人なら押さえておいてもいいと思うよ。

遁走状態 (新潮クレスト・ブックス)遁走状態 (新潮クレスト・ブックス)
ブライアン エヴンソン Brian Evenson

新潮社 2014-02-28
売り上げランキング : 112276

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | 守備の極意(上・下)(チャド・ハーバック著、土屋政雄訳)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://kanekatu.blog65.fc2.com/tb.php/84-9596476e

| TOP |

プロフィール

kanekatu

Author:kanekatu
翻訳会社コーディネータの徒然。別にやっているブログからの転載もあるかも。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。