翻訳にまつわるアレコレ//翻訳にまつわる雑多な情報など・・
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/12/10 (Thu) グーグルの「Living Stories」

Googleは米国時間12月9日、特定のトピックにフォーカスしたニュース記事、更新情報、論説、マルチメディア情報などを、すべて1つのウェブページに表示する実験的な新機能「Living Stories」を発表した。

 それぞれのLiving Storyは、ヘルスケアや地球温暖化、アフガニスタン戦争など、さまざまなトピック別になっており、恒久的なURLを保持している。同ページには、トピックに関連したヘッドライン、サマリ、詳細記事など、あらゆる情報が表示される。Living Storyページ内のリンクをクリックすることで、記事や写真の閲覧、動画の視聴、トピックの時間軸で見るタイムラインのアクセスが可能となっている。また、新しいニュースや最新のアップデートが投稿されても、同じページで読めるようになっている。



1つのページに色々な情報が集約されており、しかもどんどん新しい情報が更新されていく。さらに個々のページに行くと、現時点までの経緯がタイムラインで分かるようにもなっている。これはなかなかいいね。
ネタ元が「The New York Times」と「The Washington Post」なので、英語の勉強のために読むのにも適しているのではないだろうか。


翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


<<「00年代」を英語で何と呼ぶのか? | TOP | 雄牛なのか象なのか>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://kanekatu.blog65.fc2.com/tb.php/52-0fc6066b

| TOP |

プロフィール

kanekatu

Author:kanekatu
翻訳会社コーディネータの徒然。別にやっているブログからの転載もあるかも。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。