翻訳にまつわるアレコレ//翻訳にまつわる雑多な情報など・・
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/10/23 (Fri) 『めくらやなぎと眠る女』(村上春樹)

村上春樹 逆輸入短編集第2弾!

本邦初登場の「蟹」は、名作「野球場」に登場した作中小説を、実際の作品として書き上げた衝撃の掌篇! ニューヨークで編集された英語版と同じ構成の逆輸入短篇集『めくらやなぎと眠る女』。



というわけで、『「象の消滅」 短篇選集 1980-1991』に引き続いて、また逆輸入版が出るようだ。前回のセレクションが結構よかったので、今回も楽しみだ。ところで、紹介文で「名作」とされている「野球場」という短編が私にはどうも思い出せない。調べてみると『回転木馬のデッド・ヒート』に収録されているようだ。読んでいるのは間違いないので、家で調べてみればきっと思い出すんだろう。でも、「名作」なのかなあ?
Amazonによれば、発売日は11月30日。ちなみにビーケーワンだと『めくらやなぎと眠る夜』というタイトルになっている。これは誰か指摘しなくていいんだろうか。(今はもう直ってます)

めくらやなぎと眠る女
めくらやなぎと眠る女
新潮社 2009-11-27
売り上げランキング : 344


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


<<雄牛なのか象なのか | TOP | カーヴの隅の本棚(鴻巣友季子)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://kanekatu.blog65.fc2.com/tb.php/50-1ddbcf28

| TOP |

プロフィール

kanekatu

Author:kanekatu
翻訳会社コーディネータの徒然。別にやっているブログからの転載もあるかも。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。