翻訳にまつわるアレコレ//翻訳にまつわる雑多な情報など・・
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/05/26 (Tue) Xの悲劇(著:エラリー・クイーン 翻訳:越前敏弥)

満員電車の中で発生した殺人事件。被害者のポケットからは、ニコチンの塗られた針が無数に刺さったコルク球が発見された。群衆ひしめく巨大なニューヨークで続く第2、第3の大胆な殺人にも、目撃者はいない。この難事件に、聴力を失った元シェイクスピア俳優ドルリー・レーンが挑み、論理的で緻密な謎解きを繰り広げる。20年ぶりの決定版新訳でよみがえる、本格ミステリの不朽の名作!



『Xの悲劇』の新訳版が角川文庫から刊行されている。私が持っているのは創元推理文庫の鮎川信夫訳のもので、カバーも今創元から出ているものとは違って古いものだ。読んだのは中学生の頃だから、なんと約30年前か。この頃は海外ミステリをそれこそむさぼるように読んでいた。中でも、バーナビー・ロス名義のこの4部作の印象はとても強い。
なんと言っても『Xの悲劇(The Tragedy of X)』というタイトルが格好いいよな。内容も非常に緻密で、ラストの謎解きも印象深い。新訳で読み直してみたいって気になるね。

『Xの悲劇』の次には『Yの悲劇』があるわけで、一般的には『Yの悲劇』の評価の方が高い。『Yの悲劇』と言えば、凶器のマンドリンが有名だ。なぜマンドリンなんかで撲殺したのか。これは、他人の書いた殺人プランの中にある鈍器(blunt instrument)という言葉を犯人が理解できず、「instrument」を楽器という意味に取り違えたためなのだ。ではなぜ、意味を取り違えたのかというと・・・、ネタばらしになるのでこれ以上は書きません。
この部分がキモなのだが、日本語訳だとどうしてもちょっと弱くなる。原文で読んだ方が、驚きや「なるほど感」は大きいだろうね。

Xの悲劇 (角川文庫)
Xの悲劇 (角川文庫)越前 敏弥

角川グループパブリッシング 2009-01-24
売り上げランキング : 200621

おすすめ平均 star
star待望の新約!旧約も味わいはあるが、
star《レーン四部作》の第一作、20年ぶりの新訳
star単なるパズルとしては「Y」よりも上だが...。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


<<英語で落語 | TOP | 柴田さんと高橋さんの小説の読み方、書き方、訳し方(柴田元幸、高橋源一郎)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://kanekatu.blog65.fc2.com/tb.php/40-06902070

| TOP |

プロフィール

kanekatu

Author:kanekatu
翻訳会社コーディネータの徒然。別にやっているブログからの転載もあるかも。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。