翻訳にまつわるアレコレ//翻訳にまつわる雑多な情報など・・
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/03/12 (Thu) 象の消滅(村上春樹)

ありそうでなかった村上春樹の短篇選集である。逆輸入だからこその実現だろう。この短篇選集には初期の短篇から17の作品が選ばれている。
この本ではとある試みがなされていて、それが非常に興味深かった。

以下は読んだ感想。



収録作品をすべて読んだことのある人にとっては「レーダーホーゼン」がお楽しみということになる。この作品はアメリカの雑誌に掲載されるときに翻訳者が雑誌の意向でオリジナルテキストに手を入れて、短くして訳した。その短縮版の英文をあらためて村上春樹が日本語に翻訳し直したのだ。これは興味深い。

そこで、オリジナルと比べてみた。結構大胆にカットされているし、構成も一部変更されている。そして一番の違いは「時制」である。オリジナルが過去形なのに対し、短縮版は現在形になっているのだ。英語にする際に翻訳者が現在形にしたのだろう。

例えばこんな具合だ。

(オリジナル)その雨の日曜日の午後に彼女が僕の家を訪ねてきたとき、妻は買い物に外出していた。彼女は約束の時間より二時間も早くやってきたのだ。

(短縮版)日曜日の雨の午後だ。彼女は予定より二時間早くうちにやってくる。妻は買い物に出ている。



簡潔でかつ現在形になっている。ちなみにこの現在形の書き方は『アフターダーク』でも用いられている。村上春樹自身も「しかし結果的にはこのアルフレッド短縮版は、作品としてなかなか悪くなかった」と書いているとおり、確かに短縮版は悪くない。むしろ短縮版の方がいいかもしれない。

村上春樹の短篇をあまり読んだことのない人にとっては、絶好の本と言っていい。そして、ほとんど読んでいるという人にも是非このセレクションを味わってみて欲しい。



「象の消滅」 短篇選集 1980-1991
「象の消滅」 短篇選集 1980-1991村上 春樹

新潮社 2005-03-31
売り上げランキング : 27185

おすすめ平均 star
star象の消滅
star村上春樹ワールド
star美味しいとこ取り!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


<<英語にまつわる思い出 | TOP | 柴田元幸 責任編集『モンキービジネス』>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://kanekatu.blog65.fc2.com/tb.php/26-1cd6c1a1

| TOP |

プロフィール

kanekatu

Author:kanekatu
翻訳会社コーディネータの徒然。別にやっているブログからの転載もあるかも。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。