翻訳にまつわるアレコレ//翻訳にまつわる雑多な情報など・・
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/03/06 (Fri) A PUBLIC SPACE

どうも古い話ばかりで恐縮だが、ローランド・ケルツと言えば、「A PUBLIC SPACE」での日本特集が印象に残っている。たまたま見つけたページ(http://www.ne.jp/asahi/tokyo/furokukai/roland60418.htm)には新聞の切り抜きがそのまま載っていた。私も朝日を読んでいるから、ちょうど同じ記事を読んだはずだ。
当時確か青山ブックセンターでイベントもやっていた記憶がある。いずれにしても私はこの雑誌を買いそびれてしまったので手許にはない。買っておけば良かったと今にして思う。ただ、「A PUBLIC SPACE」のサイトではローランド・ケルツの村上春樹へのインタビューを抜粋で読むことができる。気になったところをちょっと引いてみる。

http://www.apublicspace.org/back_issues/issue_1/focus_japan_america_inverted_1.html

RK Do you learn from other translators too? Do you read Motoyuki Shibata's translations?

HM Oh yes. I love his translations. But we have different tastes. Paul Auster, Steve Erickson, Stuart Dybek, and Steven Millhauser - they're great writers, but I wouldn't translate their work. Which is good, because we have no conflicts.

I think Shibata likes more balanced fiction. It's not easy to explain. But whenever I read his translations, I find a very well-balanced literary world - symmetrical. Auster is a good example: It's like the music of J.S. Bach. It's kind of mathematical. You could say the same thing about Erickson or Millhauser. Those are wonderful worlds they're producing, but they are very rational. Sometimes things get crazy and chaotic, but seen from a distance, everything is rational and even stoic. I'm saying that in a complimentary way.

But with Carver and O'Brien, things get irrational sometimes. I guess I feel more comfortable when things are messy. I prefer that kind of world. But you know, I translated The Nuclear Age by Tim O'Brien. And every American I met said that's his worst book. But I just loved it. I told O'Brien when I met him, and he was so suspicious. He said: “You did? You really did?”

RK As if you were the only one.

HM That's right. But in Japan, many readers loved it. Sometimes I think American readers are missing something.



私は『ニュークリア・エイジ』は読んでいないのだが、このエピソードはちょっと面白かった。

ちなみに、ローランド・ケルツは『ジャパナメリカ』という本も出している。

『ガッチャマン』『ポケモン』『トトロ』から『ハルキ・ムラカミ』まで―日本のポップ・カルチャーはクールだ!なぜ、今、マンガとアニメがアメリカで受けるのか?浮世絵、禅に続く、日本文化偏愛の「第三の波」を、日米の最前線からリポート。



ジャパナメリカ 日本発ポップカルチャー革命
ジャパナメリカ 日本発ポップカルチャー革命永田医

ランダムハウス講談社 2007-05-24
売り上げランキング : 16932

おすすめ平均 star
star戦後日米関係を感じながら
star日本のアニメビジネスが持つ問題点をズバリ指摘
starとにかく楽しく読めました!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ニュークリア・エイジ (文春文庫)
ニュークリア・エイジ (文春文庫)ティム オブライエン

文藝春秋 1994-05
売り上げランキング : 78003

おすすめ平均 star
starニュークリアエイジ
starI want to be wanted!
star真剣さを笑うことなどできはしない。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


<<柴田元幸 責任編集『モンキービジネス』 | TOP | 遠近(をちこち) 12号(特集 世界は村上春樹をどう読んでいるか)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://kanekatu.blog65.fc2.com/tb.php/24-63d3b38b

| TOP |

プロフィール

kanekatu

Author:kanekatu
翻訳会社コーディネータの徒然。別にやっているブログからの転載もあるかも。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。