翻訳にまつわるアレコレ//翻訳にまつわる雑多な情報など・・
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/02/09 (Mon) 翻訳家の仕事(岩波書店編集部編)

話がちょっと前後するが、『翻訳文学ブックカフェ』と似たような本に本書がある。ただ、こちらはインタビューではなくて翻訳家自身によるエッセイ集だ。両方に登場する翻訳家も結構いる。

以下は読んだ時の感想。



帯には「当代きっての名訳者37人が勢揃い! 翻訳エッセイの決定版」とある。「当代きって」かどうかはともかくとして、若島正池内紀柴田元幸青山南高見浩・・など有名な翻訳者がずらりと並んでいるのは確かだ。但し、翻訳がうまいのとエッセイがうまいのとは別物だ。柴田元幸青山南鴻巣友季子岸本佐知子なんかはさすがに読ませるけど、あんまりまじめに書かれちゃっても読むのが辛いんですけど、っていう人も何人かいたね。そんな中、アメリカでの暮らしで自閉症になってしまった10歳の娘との交流に翻訳が役に立ったという伊藤比呂美のエッセイは秀逸だった。ただの「翻訳よもやま話」ではなく、完全に一編のエッセイになっていた。

多和田葉子という作家のことを知ったのも大きな収穫だった。日本語とドイツ語で作品を書いている「越境者」である多和田葉子の視点は、普段われわれがなかなか持ち得ないものだ。多和田は「基本的には、あらゆる翻訳は「誤訳」であり、あらゆる読解は「誤読」なのかもしれない」と書いている。だから「<間違っている><正しい>という二極に分けて考えることはできない」と。そして、翻訳家に対してこうエールを送っている。

文学作品の翻訳では、どんなに努力しても欠落してしまう要素がたくさんあり、それでもがっかりしないで、辛抱強く、存在しないかもしれない言葉を探し続ける努力は大変なものでしょう。誉められることは少なく、批判はされやすい翻訳家という職業に敬意を感じます。

でもだからこそ、訳者はディフェンシヴにだけ訳すのではなく、オフェンシヴに仕事をしてほしいとも思います。「原作者の言語ではこういうことはできないけれど、わたしの言語ではこういうことができるんだぞ」とか、「作者は自分では気がついていなかったみたいだけれど、この作品にはこういう隠された面白さもあるんだよ」ということを積極的に探していく態度も翻訳家には必要な気がします。



オフェンシヴに翻訳するっていうのはいい言葉だよね。勇気づけられる翻訳家も多いのではないだろうか。



翻訳家の仕事 (岩波新書)
翻訳家の仕事 (岩波新書)岩波書店編集部

岩波書店 2006-12
売り上げランキング : 96597

おすすめ平均 star
star文芸翻訳家になる人は文学職人です
star翻訳家を目指す人に
star翻訳家のエッセイが凝縮されている

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


<<エクソフォニー 母語の外へ出る旅(多和田葉子) | TOP | アメリカにいる、きみ(著:C・N・アディーチェ 翻訳:くぼたのぞみ)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://kanekatu.blog65.fc2.com/tb.php/13-25cfa98a

| TOP |

プロフィール

kanekatu

Author:kanekatu
翻訳会社コーディネータの徒然。別にやっているブログからの転載もあるかも。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。