翻訳にまつわるアレコレ//翻訳にまつわる雑多な情報など・・
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/02/04 (Wed) アメリカにいる、きみ(著:C・N・アディーチェ 翻訳:くぼたのぞみ)

最年少でオレンジ賞を受賞したアフリカ出身の女性作家による、O・ヘンリー賞受賞作を含む傑作短編集。

以下は読んだ時の感想。



ジュンパ・ラヒリ、ラッタウット・ラープチャルーンサップ、イーユン・リー、楊逸、そしてC・N・アディーチェ。みな母国語ではない言語で小説を書き、そして認められている作家たちである。

異国へ渡って生活するということは、文化の違いもあるだろうし色々な摩擦も生じるだろう。その辺のことを書き記すだけで、私のような平凡な人生を送っている人間には、読むに値する物語になる。逆に言えば、そのような普通ではない体験をした人はそれだけで一編の小説をものすることができるわけで(もちろんその他の才能も必要だが)、ちょっとずるいなという気がしないでもない。

しかし、上述の作家たちはさすがに認められているだけあって、特異な体験をただ綴っているだけではない。そこには鋭い観察眼があり、文学的な感性が宿っている。

本書も例外ではない。ナイジェリアとアメリカの文化の違いもさることながら、ナイジェリアでの民族紛争という重いテーマをも扱っている。しかし、それらの悲劇的なテーマを扱っていても、単に悲劇的に書くのではなく、文学として昇華させるだけの才能がある。

冒頭の2作品、「アメリカにいる、きみ」と「アメリカ大使館」が特に印象深い。(2008/8/21)



アメリカにいる、きみ (Modern&Classic) (Modern&Classic)
アメリカにいる、きみ (Modern&Classic) (Modern&Classic)くぼた のぞみ

河出書房新社 2007-09-21
売り上げランキング : 123648

おすすめ平均 star
star「深い悲しみ」に心動かされる短編集
star日本独自のオリジナル短編集!!
star翻訳

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


<<翻訳家の仕事(岩波書店編集部編) | TOP | 千年の祈り(著:イーユン・リー 翻訳:篠森ゆりこ)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://kanekatu.blog65.fc2.com/tb.php/12-cebe0479

| TOP |

プロフィール

kanekatu

Author:kanekatu
翻訳会社コーディネータの徒然。別にやっているブログからの転載もあるかも。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。