翻訳にまつわるアレコレ//翻訳にまつわる雑多な情報など・・
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/01/13 (Wed) アマゾン「Kindle」の活用法

日経のサイトに「アマゾンの「Kindle」で英語の読解力をアップ」という記事が載っていた。
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20100106/105447/?P=2

英語の勉強のために洋書を手にしたことのある人なら経験済みだと思いますが、洋書のペーパーバックは日本の文庫本に比べると、かなり分厚くて持ち運ぶのが大変。その点「Kindle」なら、何冊でも楽々持ち歩くことができます。しかも「Kindle」にはテキストを電子音声で読み上げる機能があり、本を一冊買うだけで、ヒアリングも同時に勉強することが可能。CDブックを買うよりも、はるかにお得です。
 英和辞書はありませんが、英英辞書が内蔵されていて、わからない単語の意味を調べることもできます。また新聞も読めるので、時事英語の習得にも役立つこと間違いなし。英語の読解力をアップしたい人には、まさに最適のツールと言えるのではないでしょうか。



私は紙の本の方が好きなので「Kindle」には否定的なのだが、確かに英語を学習するのには向いていそうだ。音声読み上げ機能があることや辞書が内蔵されていることは知らなかった。
あとはどれだけソフトが充実してくるかが問題だけど、出しているのがAmazonだからそこら辺はどんどん拡充してくるだろう。
まだ日本語の本は読めないけれど、ゆくゆくは日本語の本も読めるようになるんだろうな。それでも私は紙の本を選択するのか、それともブックリーダーを使うようになるのかは、まあその時が来てみないと分からないな。

Kindle Wireless Reading Device (6" Display, Global Wireless, Latest Generation)
Kindle Wireless Reading Device (6
Amazon.com 2009-10-19
Sales Rank : 1

Average Review star
starI love my Kindle!
starThrilled that it rose to my expectations
starAmazed

See details at Amazon
by G-Tools

スポンサーサイト

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


2010/01/06 (Wed) 「00年代」を英語で何と呼ぶのか?

昨年末、朝日新聞に下記のような記事が載った。

今年もあと数日。2000年から始まった00年代が終わることになるが、米国ではこれをどう呼ぶべきかが議論になっている。今のところ決まった呼び方がなく、「命名できないまま終わってしまうのではないか」との「危機感」も広がっている。

 英語では、1980年代を「Eighties(エイティーズ)」、90年代を「Nineties(ナインティーズ)」と呼ぶのが一般的。しかし、00年代は呼びにくく、命名のあり方について20世紀半ばから議論があった。

 米タイム誌によると、これまで「Zeroes(ゼロズ)」、「Double O’s(ダブル・オーズ)」「2Ks(トゥーケーズ)」などが提案されているが、決定打にはなっていない。

 また1900年から09年にかけての10年を、ゼロを意味する単語「aught」を使って「Aughts(オーツ)」と呼んだことがあるため、これを転用するアイデアもあるが、つづりがやや特殊でもあり、定着しなかった。

 残された時間は少ない。

 米紙ワシントン・ポストは「この際、球場の命名権を売るみたいに、『00年代』を命名する賞金つきのコンテストを実施してはどうか」というイリノイ大の言語学者デニス・バロン教授の提案を紹介している。



実際問題どうなんだろうと思って、カナダ在住のネイティブに質問してみたら、以下のような回答が返って来た。

About your question... I was talking about this and a related topic only a few days ago, as our English isn't very consistent!

When we talk about 1900 to 1919, we say "the nineteen-hundreds." But there's no specific way of talking about 1910 to 1919. (They're NOT "the nineteen-tens!") But after 1920, we're happy to say "the nineteen-twenties, nineteen-thirties," and so on.

So, for 2000 we really SHOULD have said "twenty hundred," but that isn't usual English, so we said "two thousand." The next year, 2001, became "two thousand and one," not "twenty oh one." (Also, Stanley Kubrick (A Space Odyssey) had already set the pattern!) For 1901, we said "nineteen oh one," so why not "twenty oh one?" We have finally got back to the normal pattern this year -- in Vancouver, we have the "twenty-ten Olympics."

I have NEVER heard any of the ideas in the article for 2000 - 2009. The most common I have heard here is "the noughties." This isn't in the dictionary, but is a play on words with "naughty." (Nought = zero). In short, there is NO good answer to your question, yet. Maybe when we are very old men, we'll know the answer.



やっぱり定まっていないようだ。最後に書いてくれたように、何十年かの歳月を経て、だんだんに固まっていくのかもしれないね。

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

kanekatu

Author:kanekatu
翻訳会社コーディネータの徒然。別にやっているブログからの転載もあるかも。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。