翻訳にまつわるアレコレ//翻訳にまつわる雑多な情報など・・
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/07/22 (Wed) パーネル・ホールの新作は一体いつになったら出るのか?

知っている人は知っているし、知らない人は知らないわけだが、パーネル・ホールという作家がいて、スタンリー・ヘイスティングズという探偵が活躍するシリーズものを書いている。
1作目の『探偵になりたい』のあらすじを紹介するとこんな感じ。

まともに取りあう気はなかった。人殺しがしたいので手伝ってくれ、などという依頼は聞いたことがない。中年の会社重役がいきなり事務所にあらわれ、麻薬密売をめぐるトラブルに巻き込まれ命を狙われている、と訴えるのだが、わたしはことわった。探偵とは名ばかりで、わたしは事故専門の調査員なのだ。この男が殺されたのを知ったのは翌朝だった。人間には、できることとできないことがある。わたしにはできないことかもしれないが、探偵のまねごとをやってみる気になりだした…。なにごとにも控えめな探偵の危ない活躍を描く新シリーズ第1弾。



要は主人公巻き込まれ型のユーモア・ミステリーだ。私はこのスタンリー・シリーズが大好きで、『探偵になりたい』(DETECTIVE)から14作目の『休暇はほしくない』(COZY)まで全部持っている。
(ちなみに、原題は全て1単語になっていて、邦題は全て「~い」で終わる形となっている)
海の向こうでは『MANSLAUGHTER』という15作目が2002年に出ているのに、日本では『休暇はほしくない』が2005年に出て以来、とんとご無沙汰になっている。
本家のサイトを見るかぎり、パーネル・ホール自身も近年はもう一つのシリーズである「パズルレディもの」の方に力を入れているようだが、2007年にはスタンリーものの16作目となる『HITMAN』を発表している。
日本では「控えめ探偵」と評されるスタンリー・ヘイスティングズは、サイトではこのように紹介されている。

Stanley Hastings, the world's most reluctant private eye, is a failed actor/writer, who chases ambulances for a negligence lawyer in between gigs, which is most of the time. In HITMAN, Stanley tries to help a businessman who is being blackmailed for having served time for killing a man in a bar fight.



「the world's most reluctant private eye」っていうのがいいね。いくつかの作品は冒頭部分を読めるようになっている。『HITMAN』はこんな感じ。

"I'm a hitman."

I sprang from my desk chair, waved my arms. "No, no, no! You didn't say that, I didn't hear that, let's start the conversation again. I'm not an attorney, I'm a private investigator. What you tell me is not a privileged communication. If you confess to a crime, I have to tell the cops."

"I'm not confessing to a crime."

"You just told me you're a hitman."

"That's not a crime. It's a profession."

"I don't care if it's a breakfast cereal. It's a word I don't want uttered in my office. At least not following the phrase, ‘I'm a.'"

"Hit man is two words. And ‘I'm a' isn't a phrase, it's a fragment."

"What are you, a linguist?"

"I'm an English teacher."

"I thought you were a hitman."

"Yeah, but you didn't want to hear that. I teach public school at Harmon High on West Ninety-second."



相変わらず出だしが面白い。それでもって、各章の最後にも常にサプライズを持ってくるから素晴らしい。早いところ『MANSLAUGHTER』と『HITMAN』の翻訳を出して欲しいんだが、「そんなに読みたいんなら原書で読めばいいんじゃないの?」っていう声も聞こえてきそうだな。

休暇はほしくない (ハヤカワ文庫 HM (153-16))
休暇はほしくない (ハヤカワ文庫 HM (153-16))田中 一江

早川書房 2005-06-09
売り上げランキング : 353599

おすすめ平均 star
star休暇はやっぱり必要です
starスタンリー・ヘイスティングズものはやっぱり面白い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Hitman: A Stanley Hastings Mystery (Stanley Hastings Mysteries)
Hitman: A Stanley Hastings Mystery (Stanley Hastings Mysteries)Parnell Hall

Pegasus Books 2009-02-24
売り上げランキング : 143749


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


2009/07/08 (Wed) ニュース英語リスニング&スピーキングDualトレーニング(ケリー伊藤)

先日仕事で新宿に出た際に、帰りにジュンク堂に立ち寄った。そこで平積みになって、CDまで再生されていたのがこの本。



"聴き取れた!"だけで終わりですか?
いいえ、"話せる!"力も身につきます。

言語を「耳でとらえて口から出す」という人間の本能に即したDualトレーニングで、ごく自然に「聴く・話す」力を養成!

「聴くトレ」ではニュースをただ聴くだけでなく、内容を理解してつかむための能動的なリスニング力を養成。ニュースを聴き取り、理解し、自分の中に語彙・表現をしっかりインプットします。

「話すトレ」では「聴くトレ」でインプットした英語が使われた会話をロールプレイ。周辺語彙や、会話に役立つポイントも併せて学び、発信力を総合的にアップさせます。

<こんな方にお薦めです>
英語のニュースが聴き取れるようになりたい
さまざまなトピックについて英語で話せるようになりたい
英検2次のスピーキング対策に役立てたい
聴き取れた英語を、自分で使いこなせるようになりたい

○政治・経済・教育・環境・科学ほか、幅広い分野のニュース30本を厳選。
○リスニングCDは「ゆっくり/スタンダード」の2段階スピードで収録。
○TOEICテストのリスニング対策、英検2次のスピーキング対策にも効果的。


リスニングはポッドキャストを利用したりしてある程度できるんだけど、スピーキングはなかなか難しい。かといって、英会話教室行くのもなんだしなという私みたいな人間にはうってつけかも。
トピックの幅が広いのと、リスニングCDのスピードが「ゆっくり/スタンダード」の2段階あるっていうのがいいね。買って試してみる価値はあるかもしれない。

ニュース英語リスニング&スピーキングDualトレーニング (CD BOOK)
ニュース英語リスニング&スピーキングDualトレーニング (CD BOOK)ケリー伊藤

DHC 2009-06
売り上げランキング : 110542


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

kanekatu

Author:kanekatu
翻訳会社コーディネータの徒然。別にやっているブログからの転載もあるかも。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。