翻訳にまつわるアレコレ//翻訳にまつわる雑多な情報など・・
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/04/30 (Thu) 「豚インフルエンザ」を英語で言うと・・・

正解は「swine flue」(「swine influenza」よりもこちらの方が一般的なようだ)。普段から英語のニュースを見たり読んだりしている人には簡単な問題だと思うが、そうじゃない人は「pig flue」って思ってしまうのではないだろうか。
同様に「鳥インフルエンザ」は「bird flue」ではなくて「avian flu」。こうなると、色々調べたくなってくる。

ウシ属の:bovine 
 (例)牛海綿状脳症:bovine spongiform encephalopathy (BSE)
イヌ科の:canine 
 (例)狂犬病:canine madness
ネコ科の:feline 
 (例)猫免疫不全ウイルス:feline immunodeficiency virus
ウマ科の:equine 
 (例)日本ウマ科学会:Japanese Society of Equine Science

鳥だけちょっと違うけど、他は「ine」で終わるところが共通している。いやあ、知りませんでした。

スポンサーサイト

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/24 (Fri) モンキービジネス Vol.5 対話号

目次から一部引用。



Interview
村上春樹 「成長」を目指して、成しつづけて――村上春樹インタビュー 聞き手―古川日出男

Dialogue
川上弘美×小川洋子 ベクトルとブラウン運動のあいだで―― 川上弘美・小川洋子対談 司会―柴田元幸

Poetry
うたの猿山 穂村弘×小澤實×水原紫苑×小池昌代×テッド・グーセン×佐藤文香×四元康祐


目玉はなんと言っても、『1Q84』の刊行を来月に控えた村上春樹へのインタビューだろう。聞き手が古川日出男っていうのもミソか。もちろん話は既出のものが多いが、なかなかにボリュームがある。
川上弘美と小川洋子の対談も気になるのだが、翻訳という観点からすると「うたの猿山」と題された試みが興味深い。内容を柴田元幸の文章から引用する。



もうひとつ、歌人の穂村弘さん企画・指揮の下、「うたの猿山」と称して、ジャンル間・言語間の詩的対話をやります。

1. 俳人1が猿について俳句を詠み、歌人1が猿について短歌を詠み、詩人1が猿について詩を書く。
2. 英語・日本語バイリンガル人間がそれらの俳句・短歌・詩を英語の俳句・短歌・詩に翻訳する。
3. 俳人2が三つの英訳をそれぞれ俳句に「翻訳」し、歌人2が三つの英訳をそれぞれ短歌に「翻訳」し、詩人2が三つの英訳をそれぞれ詩に「翻訳」する。

――以上、俳句、短歌、詩、ともに5本が出来上がる計算です。参加者は穂村弘、小澤實、テッド・グーセン、小池昌代、佐藤文香、水原紫苑、四元康祐各氏。



実際の役割分担は下記のようになっている。
俳人1:小澤實
歌人1:水原紫苑
詩人1:小池昌代
翻訳:テッド・グーセン
俳人2:佐藤文香
歌人2:穂村弘
詩人2:四元康祐各

2の付く人たちは、当然1の付く人たちが作ったオリジナルは見ていない。英訳されたものだけを見て、またそれを和訳するのだ。この試みの面白いところは、単純に「俳人1-俳人2」「歌人1-歌人2」「詩人1-詩人2」という対応になっている訳ではないということだ。2の付く人たちは、俳句、短歌、詩をそれぞれ俳人2なら3つの俳句に、歌人2なら3つの短歌に、詩人2なら3つの詩に翻訳するのだ。だから、英語の短歌や詩から俳句を作ったり、英語の俳句や詩から短歌を作ったり、英語の俳句や短歌から詩を作ったりという作業が行われる。やっぱり、違う形式のものに変換された場合に妙味が生じるようだ。特に、詩を俳句や短歌に変換したものが良かったね。

モンキービジネス 2009 Spring vol.5 対話号
モンキービジネス 2009 Spring vol.5 対話号柴田 元幸

ヴィレッジブックス 2009-04-20
売り上げランキング : 510

おすすめ平均 star
star商品説明では…。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/17 (Fri) キングソフト辞書

「キングソフト辞書」のURLはこちら。
http://kingsoft.jp/dictionary/

通常の辞書機能に加え、マウスオン辞書搭載。
マウスポインタのある箇所の単語の意味をすばやく表示します。
オフラインでも使用でき、Webページや、メール、PDFなどの資料の閲覧時に画面を切り替えることなく、単語を調べることができます。また、調べた単語を単語帳にその場で追加できたり、発音を確認することも可能です。



このマウスオン辞書がなかなか快適なのだ。しかも無料ときている。何でもかんでもマウスオンでポップアップしてしまうとうるさいので、ショートカットキーとの併用も用意されている。「Ctrl」、「Shift」、「Alt」の3種類があるが、私はもっとも使用頻度の低い「Alt」キーと併用している。つまり、「Alt」キーを押しながらマウスポイントを英単語の上に持って行くと訳が表示されるのだ。
さらにすごいところは、単語帳機能だ。マウスオンで訳を表示させたときに上部に現れる「単語帳に追加」ボタンを押すと、その単語が自分だけの単語帳に追加されるのだ。
ここでようやく話が前回の「単語力(タンゴリキ)」につながる。単語テストをして、間違った単語に対してマウスオン辞書を適用して単語帳に追加していけば、「単語力(タンゴリキ)」を有料アップグレードしなくても、単語帳をどんどん増やせるのだ。しかも、「テスト機能」や「ラーニングバー」という機能も備えている。
説明するよりも実際にやってみた方が早いと思うので、「キングソフト」のサイトに行って試してみることをオススメする。これだけ機能満載で無料というのはホントに素晴らしいね。

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/10 (Fri) 単語力(タンゴリキ)

「単語力(タンゴリキ)」というサイトがある。
http://www.tangoriki.com/index.php

概要を引用するとこんな感じ。



使い方
まず、どれかテストを受けてみてください。10問の3択問題に答えることで、あなたの単語力が0から999のスコアとなって出てきます。
テストの中で知らない単語があったら、単語帳にストックできます。ストックした単語を復習テストで覚え、またテストを受けるというサイクルで、自然に語彙を増やしていくことができます。

ランダムテスト
単語力の基本テストです。8000語の辞書からランダムで出題されます。簡単な単語から難しい単語まで。

レベル別テスト
初級・中級・上級・至難の4つのレベルがあり、それぞれ2000語ずつです。難易度の目安は次の通りです。
初級 ... 基本の単語
中級 ... 大学受験
上級 ... 留学や仕事のために
至難 ... 辞書なしで英文を読む

総まくりテスト
4つのレベルを選び、その単語を2000語、順にテストしていきます。

単語帳
復習のための機能です。ストックした単語は、いつでも辞書を引いて意味を確かめたり復習テストをすることができます。
辞書メニュー
解答画面や単語帳で、単語にカーソルを合わせると、辞書サイトへリンクしたメニューが出ます。単語の詳しい意味や発音を調べることができます。

ランキング
利用者が単語力を競うランキングで、テストする毎にリアルタイムに順位が上下します。5回以上テストをした登録ユーザーが対象となります。最後にテストをして7日経つと対象から外れます。


私は主に仕事の合間の息抜き(?)にトライしている。3択なので、知らない単語でもある程度は消去法や類推で正解にたどり着くことはできる。但し、このテストでは回答に要する時間もポイントに反映されるのだ。だから、たとえ全問正解しても時間が掛かってしまってはポイントが上がらない。
私は大体「中級テスト」で一度肩慣らししてから「上級テスト」を2、3回やることが多い。正解率は8~9割といったところだろうか。


間違えた単語は「単語帳」にストックできる。ところが、この単語帳には10単語までしか登録ができない。これ以上登録するには有料版にアップグレードする必要がある。やはりうまいこと考えてある。
さすがに有料版にする気はなかったので、そのまま使用していたが、最近あるソフトとの併用で単語帳を「無料」で作成する方法に気がついた。その方法は・・・、次回のお楽しみ。

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


2009/04/06 (Mon) 聞く!書く!ことばをふやす! はじめてのえいごトレーニング えいトレ

ベネッセの小学生向け英語コースの学習ノウハウを詰め込んだ英語ソフト。
初めて英語に触れるお子さま向けの配慮を充実させ、無理なく力を伸ばしていけます。

★学べること★
■アルファベットの大文字・小文字が書けるようになります。
■中学入学までに身につけておきたい500語が覚えられます。

★こんな方にオススメ★
■はじめてえいごを学ぶお子さまにオススメ!
(小学生を中心とした英語初学者が推奨ですが、小学校入学前のお子さまも楽しめます。)

★ユーザー登録数★
■3人まで



娘(今日から小学3年生)にはベネッセの「こどもちゃれんじ」をやらせている。そうすると、同社の英語教材である「BE-GO(ビーゴ)」の案内がよく届く。「BE-GO(ビーゴ)」とはパソコンを使った英語の学習教材である。なかなか良さそうなものであるが、これが結構高い。娘は案内が届くたびに「やりたい」と言うのだが、今まではすべて却下してきた。
先日届いた案内には厚紙で作れるヘッドセットの模型が入っていた。娘は早速厚紙のヘッドセットを作って頭に装着し、エアギターならぬ「エアーBE-GO」を始めだした。その様子を見ていてさすがにいじらしくなった。とは言っても「BE-GO(ビーゴ)」はやはり高いので、代わりになるものを探していて、この「えいトレ」に辿り着いたというわけだ。
これはDS版の「BE-GO(ビーゴ)」というべきもので、出てくるキャラクターは「BE-GO(ビーゴ)」と同じだし、内容もよく似ている。値段もAmazonなら3千円くらいだったので、本家「BE-GO(ビーゴ)」に比べれば随分割安だ。
まだ始めたばかりだが、ほとんどがゲームを通じての学習なので、遊びながら学ぶことができる。本当の勉強にはならないけど、小さいうちからネイティブの発音を聴いて英語に慣れるのはいいことだよな。私が子どもの頃はこんなのなかったもんなぁ。

聞く!書く!ことばをふやす! はじめてのえいごトレーニング えいトレ
聞く!書く!ことばをふやす! はじめてのえいごトレーニング えいトレ
ベネッセコーポレーション 2007-06-28
売り上げランキング : 262

おすすめ平均 star
star楽しく英語になじめます!
star5歳の娘用に
star楽しんでます

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

kanekatu

Author:kanekatu
翻訳会社コーディネータの徒然。別にやっているブログからの転載もあるかも。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。