翻訳にまつわるアレコレ//翻訳にまつわる雑多な情報など・・
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/03/31 (Tue) フランス語のしくみ(佐藤康)

ことばの大切なしくみ(=文法)がわかり、しくみを読者みずからが発見していく構成で通読でき、言葉の楽しさ、面白さ、そして発想の多様さを実感できる、画期的な入門書シリーズ。フランス語の「案内書」。


業務上の必要もあって購入。とは言っても、この本を読んでフランス語をマスターしようなんて気はさらさらないし、そもそもこの本を読んでもフランス語はマスターできない。初歩の初歩の本だからだ。でも、エッセイのような本だから実にとっつきやすい。
大学での第二外国語は中国語だったから、フランス語のことは全く分かっていなかったが、フランス語って難しいね~(今更だけど)。男性名詞や女性名詞があるし、それによって動詞や形容詞が変化してしまう。とてもじゃないが覚えきれない。逆に英語が簡単に思えるっていう利点はある。
フランス語の翻訳を見ていたら、「NC仕様」という言葉の対訳が「spécifications CN」となっていた。「CN」は「NC」の単純ミスなのかな思っていた。ところがこの本を読んでいて、そうではないのだということが分かった。フランス語では形容詞が名詞の後ろにつくので、頭字語が英語とは異なるのだ。「非政府組織」という意味の「NGO」(non-governmental organization)が、フランス語では語順が入れ替わって「ONG」(organisation non-gouvernementale)になってしまう。つまり「NC」(numerical control)が「CN」(commande numérique)になるというわけだ。
綱引きの時のかけ声「オー・エス」がフランス語由来だということも知らなかった。「Oh! Hisse!」(オー・イス)というフランス語が日本語になったものらしい。「hisse」は「綱を引け」という意味で、帆船の船乗りたちが帆を上げる時のかけ声なのだそうだ。
読み物として楽しみながら、最低限の知識は得られる。このシリーズには当然他の言語もあるので、イタリア語、ドイツ語、スペイン語なんかもそのうち読んでみたいね。

フランス語のしくみ
フランス語のしくみ佐藤 康

白水社 2005-03
売り上げランキング : 170416

おすすめ平均 star
starフランス語に関するエッセイ
star知ったかぶりできます!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


2009/03/25 (Wed) 英語にまつわる思い出(その2)

"Godspeed, John Glenn." という言葉を何かで聞いたか読んだかして以来、"Godspeed"という言葉が気になって仕方がなくなってしまった。辞書で調べれば、「幸運や安全を祈願する言葉」ということは分かる。でもなぜ"speed"なのか?
ある日、ネットで色々調べていたら、とあるアメリカ人女性のブログの記事に辿り着いた。

When John Glenn was getting ready to launch, after many delays and sitting on that launch pad forEVER, Scott Carpenter (who was also an astronaut and was the designated capsule communicator for the Glenn mission) said, "Godspeed, John Glenn." For years, I have wondered about this phrase. WTF? What does Godspeed mean? In fact, I thought he was saying "God speed, John Glenn." Which made it even more confusing. I queried Pa about this phrase, thinking he might know. He didn't. But he was sitting with a laptop in his lap. Ahem. So I told him to google it.

Godspeed apparently comes from Middle English, and can also be written God spede. It basically means good luck. I wish you good fortune. Something like that. It has nothing to do with being fast or God being particularly speedy. It's a simple blessing, a bit of hope for good old Glenn as he rockets out into space and circles the globe for the first time. And as I heard these words and watched that rocket take off, I was transported back in time and felt like I really was sitting there, watching Glenn begin our journey to the moon. Why does this stuff make me so dreamy and hopeful? I don't know. But it sure works.



まさに「ビンゴ!」なエントリだった。アメリカ人でも知らなかったんだな。

この人のブログはなかなか面白くて、その後も時々読んでいる。

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


2009/03/19 (Thu) 翻訳の基本―原文どおりに日本語に(宮脇孝雄)

第1章「翻訳の基本」、第2章「翻訳・要注意単語集」、第3章「訳文を改善する」という構成だが、私には第2章が特に興味深かった。一見簡単な単語ほど要注意ということがよく分かる。
一例として「polite, politely」の項を要約・引用してみよう。



polite, politelyを常に「丁寧」「礼儀正しい」と訳すのはやめたほうがいいのではないだろうか。

例えば、パーティーなどで女性二人が会話をしている場面で、一方が、
We're going away, you see.
と言ったとする。
これは「ご存知でしょうけど、わたくしたち、旅に出ますの」という程度の意味。
それに対してもう一人の女性(仮にメアリーとする)が、
Where are you going?
と尋ねたとする。これは
「どちらにいらっしゃいますの?」と訳しておけばよい。しかし問題はその部分が、
"Where are you going?" Mary asked politely.
と書かれている場合だ。
これは「~と、メアリーは礼儀正しく尋ねた」と訳しても間違いではない。
ところが、ここでの「礼儀正しく」は「礼儀正しくドアをノックした」というときの「礼儀正しく」とはやや意味合いが違う。
politeという言葉には「格別、興味はないが、社会一般の礼儀作法から外れないために、何かをしたり、発言したりする」というニュアンスもあり、メアリーさんは、話し相手の女性がどこに行こうと知ったことではないのだが、ハッキリそう言うと角が立つので、興味がある振りをしているだけかもしれないのだ
そのニュアンスを掘り下げれば、上の文は、

「まあ、どちらに?」失礼にならないように、メアリーは話を合わせた。

と訳せるのである。



「なるほどなあ」と思わず唸ってしまった。

翻訳の基本―原文どおりに日本語に
翻訳の基本―原文どおりに日本語に宮脇 孝雄

研究社出版 2000-08
売り上げランキング : 102669

おすすめ平均 star
starこちらもお薦めの、前著「翻訳家の書斎」続編。
starためになる、おもしろい、いやみでない
star読み物として非常に楽しめた

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

翻訳 | trackback(0) | comment(2) |


2009/03/17 (Tue) 英語にまつわる思い出

大学一年のある時期英会話学校に通っていたことがある。その時のクラスでのこと。少人数制のクラスで、先生一人に生徒が3~4人だったかな(確か結構美人の先生だった)。前後は忘れてしまったが、先生が「イリーゴー」と発言した。私は何と言っているのか全く分からなかった。他の生徒も同様だったようでポカンとした顔をしている。先生は繰り返し「イリーゴー」「イリーゴー」と言うのだが、とにかく何て言っているのかが分からないからどうしようもない。先生も困り果ててしまい、ついに禁じ手の日本語発音で「イリーガル」と言ってしまった。そこでようやく我々は先生が「illegal」と言っていたのだなと分かった。「な~んだ、そうだったのか~」と我々は得心が行ったのだが、その時の先生の寂しそうな顔ったらなかった。
なぜか妙にこのときのことをいつまでも覚えている。

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


2009/03/12 (Thu) 象の消滅(村上春樹)

ありそうでなかった村上春樹の短篇選集である。逆輸入だからこその実現だろう。この短篇選集には初期の短篇から17の作品が選ばれている。
この本ではとある試みがなされていて、それが非常に興味深かった。

以下は読んだ感想。



収録作品をすべて読んだことのある人にとっては「レーダーホーゼン」がお楽しみということになる。この作品はアメリカの雑誌に掲載されるときに翻訳者が雑誌の意向でオリジナルテキストに手を入れて、短くして訳した。その短縮版の英文をあらためて村上春樹が日本語に翻訳し直したのだ。これは興味深い。

そこで、オリジナルと比べてみた。結構大胆にカットされているし、構成も一部変更されている。そして一番の違いは「時制」である。オリジナルが過去形なのに対し、短縮版は現在形になっているのだ。英語にする際に翻訳者が現在形にしたのだろう。

例えばこんな具合だ。

(オリジナル)その雨の日曜日の午後に彼女が僕の家を訪ねてきたとき、妻は買い物に外出していた。彼女は約束の時間より二時間も早くやってきたのだ。

(短縮版)日曜日の雨の午後だ。彼女は予定より二時間早くうちにやってくる。妻は買い物に出ている。



簡潔でかつ現在形になっている。ちなみにこの現在形の書き方は『アフターダーク』でも用いられている。村上春樹自身も「しかし結果的にはこのアルフレッド短縮版は、作品としてなかなか悪くなかった」と書いているとおり、確かに短縮版は悪くない。むしろ短縮版の方がいいかもしれない。

村上春樹の短篇をあまり読んだことのない人にとっては、絶好の本と言っていい。そして、ほとんど読んでいるという人にも是非このセレクションを味わってみて欲しい。



「象の消滅」 短篇選集 1980-1991
「象の消滅」 短篇選集 1980-1991村上 春樹

新潮社 2005-03-31
売り上げランキング : 27185

おすすめ平均 star
star象の消滅
star村上春樹ワールド
star美味しいとこ取り!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


2009/03/10 (Tue) 柴田元幸 責任編集『モンキービジネス』

日本での「A PUBLIC SPACE」的な雑誌と言えば、柴田元幸の「モンキービジネス」だろうか。サイトもあって、その中の「モンキー・ビジネス宣言(の・ようなもの)」で柴田元幸はこう書いている。

「モンキービジネス」といっても、猿についての雑誌ではないし、ビジネスについての雑誌でもない。

(中略)

もちろん、海外・日本の新しい小説やエッセイを中心に、新しくない小説やエッセイなんかもちゃっかり混ぜて、こっちが面白いと思う文章を並べた雑誌にしたいとは思っている。執筆陣だって、嬉しいことに、我々が最高だと思う書き手が勢揃いしてくれた。

(中略)

とはいえ、我々には、ある一定の「コンセプト」に基づいて特定の世代なり層なりを「ターゲット」にする気もなければ、それらの世代なり層なりを相手にいかなる新たな「ライフスタイル」を提示する気もないし、もちろん「役に立つオススメ情報」なんかは薬にしたくてもないであろうことは約束できる。あるいはまた、忙しい毎日からの爽やかな息抜きの場を作ろう、なんてという殊勝な精神なども、これっぽっちも持ちあわせていないことは断言できる。



最新号は第4号で「少年少女号」となっている。「A PUBLIC SPACE」は買いそびれた私だが、「モンキービジネス」は今のところ全号かかさず買っている。それにしても柴田元幸の仕事量はすごいね。大学で教えてるのに訳書はどんどん刊行されてるし、そのうえ「モンキービジネス」の編集もしている。しかも第3号なんて、サリンジャーの『ナイン・ストーリーズ』のまるまる新訳だもんな。恐れ入るよ。

モンキー ビジネス 2009 Winter vol.4 少年少女号
モンキー ビジネス 2009 Winter vol.4 少年少女号柴田 元幸

ヴィレッジブックス 2009-01-20
売り上げランキング : 1297


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


2009/03/06 (Fri) A PUBLIC SPACE

どうも古い話ばかりで恐縮だが、ローランド・ケルツと言えば、「A PUBLIC SPACE」での日本特集が印象に残っている。たまたま見つけたページ(http://www.ne.jp/asahi/tokyo/furokukai/roland60418.htm)には新聞の切り抜きがそのまま載っていた。私も朝日を読んでいるから、ちょうど同じ記事を読んだはずだ。
当時確か青山ブックセンターでイベントもやっていた記憶がある。いずれにしても私はこの雑誌を買いそびれてしまったので手許にはない。買っておけば良かったと今にして思う。ただ、「A PUBLIC SPACE」のサイトではローランド・ケルツの村上春樹へのインタビューを抜粋で読むことができる。気になったところをちょっと引いてみる。

http://www.apublicspace.org/back_issues/issue_1/focus_japan_america_inverted_1.html

RK Do you learn from other translators too? Do you read Motoyuki Shibata's translations?

HM Oh yes. I love his translations. But we have different tastes. Paul Auster, Steve Erickson, Stuart Dybek, and Steven Millhauser - they're great writers, but I wouldn't translate their work. Which is good, because we have no conflicts.

I think Shibata likes more balanced fiction. It's not easy to explain. But whenever I read his translations, I find a very well-balanced literary world - symmetrical. Auster is a good example: It's like the music of J.S. Bach. It's kind of mathematical. You could say the same thing about Erickson or Millhauser. Those are wonderful worlds they're producing, but they are very rational. Sometimes things get crazy and chaotic, but seen from a distance, everything is rational and even stoic. I'm saying that in a complimentary way.

But with Carver and O'Brien, things get irrational sometimes. I guess I feel more comfortable when things are messy. I prefer that kind of world. But you know, I translated The Nuclear Age by Tim O'Brien. And every American I met said that's his worst book. But I just loved it. I told O'Brien when I met him, and he was so suspicious. He said: “You did? You really did?”

RK As if you were the only one.

HM That's right. But in Japan, many readers loved it. Sometimes I think American readers are missing something.



私は『ニュークリア・エイジ』は読んでいないのだが、このエピソードはちょっと面白かった。

ちなみに、ローランド・ケルツは『ジャパナメリカ』という本も出している。

『ガッチャマン』『ポケモン』『トトロ』から『ハルキ・ムラカミ』まで―日本のポップ・カルチャーはクールだ!なぜ、今、マンガとアニメがアメリカで受けるのか?浮世絵、禅に続く、日本文化偏愛の「第三の波」を、日米の最前線からリポート。



ジャパナメリカ 日本発ポップカルチャー革命
ジャパナメリカ 日本発ポップカルチャー革命永田医

ランダムハウス講談社 2007-05-24
売り上げランキング : 16932

おすすめ平均 star
star戦後日米関係を感じながら
star日本のアニメビジネスが持つ問題点をズバリ指摘
starとにかく楽しく読めました!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ニュークリア・エイジ (文春文庫)
ニュークリア・エイジ (文春文庫)ティム オブライエン

文藝春秋 1994-05
売り上げランキング : 78003

おすすめ平均 star
starニュークリアエイジ
starI want to be wanted!
star真剣さを笑うことなどできはしない。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


2009/03/04 (Wed) 遠近(をちこち) 12号(特集 世界は村上春樹をどう読んでいるか)

「春樹をめぐる冒険」というシンポジウムは国際交流基金という団体が主催していた。その国際交流基金が刊行している雑誌「遠近(をちこち)」で、その時の模様が特集された。私は運良く国際交流基金さんからこの雑誌を送ってもらえた。
再録とはいえ村上春樹自身のエッセイが載っているし、安西水丸やイッセー尾形の名前も見える。特集に関係ないとはいえ、平野啓一郎のエッセイもある。「A PUBLIC SPACE」のローランド・ケルツの名前もある。目次はこちらで見られる。
http://www.jpf.go.jp/j/publish/periodic/wochikochi/012.html

今ではもう手に入らないと思っていたら、Amazonにはまだ在庫があるみたい。でも早い者勝ちかもね。

遠近 (第12号(2006年8・9月号))
遠近 (第12号(2006年8・9月号))
国際交流基金 2006-08
売り上げランキング : 255137


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


2009/03/02 (Mon) 春樹をめぐる冒険― A Wild Haruki Chase(その3)

前回からの続き。



翻訳本の表紙カバーに観る村上春樹/日本イメージ比較
案内人:沼野充義(東京大学教授)


壇上にはパネルディスカッションの時の翻訳家を含めさらに多くの各国の翻訳家たちが座っている。そしてスクリーンが用意され、案内人が翻訳本の表紙カバーを一枚一枚スライドしていき、その本を翻訳した人たちに一言ずつコメントをもらった。これがまた、一人一人の話が長くなっちゃったり、関係ない話を始めちゃったりで大変だった。表紙は、あからさまに日本的なものもあれば、良く意味の分からない抽象的なものもあった。まあ、日本のものが一番いいね。

映像世界にみる村上春樹
案内人:四方田犬彦(明治学院大学教授)


村上春樹は自身の作品を映画化させないことで有名だが、今までに何本か映画化されている。(『ノルウェイの森』映画化のニュースには驚いたね)

風の歌を聴け
風の歌を聴け小林薫 村上春樹 大森一樹

ジェネオン エンタテインメント 2005-09-22
売り上げランキング : 3,260

おすすめ平均 star
star傑作とは言い難いが、不思議な魅力を持った、静かなカルト・ムービー
starこれはむごい
starこれは嬉しい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


100%の女の子 / パン屋襲撃
100%の女の子 / パン屋襲撃室井滋 山川直人 村上春樹

ビデオメーカー 2001-11-09
売り上げランキング : 1,533

おすすめ平均 star
starまさかの実現
star乾いた空気感を再現
starなつかしすぎ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


トニー滝谷 プレミアム・エディション
トニー滝谷 プレミアム・エディションイッセー尾形 村上春樹 市川準

ジェネオン エンタテインメント 2005-09-22
売り上げランキング : 185

おすすめ平均 star
starとてもきれいな映画
star2005年、今のところ邦画ベスト1です
star風が気持ちいい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これらの作品をちょっとずつ上映して、四方田犬彦が解説を付けていく。当時はどうだったのか知らないが、古いものはイタイねえ。とくに「100%の女の子」がイタイ。見ていていたたまれなくなる。「トニー滝谷」はそれらに比べればましなようだが、どうも違う。この他、「恋する惑星」の村上作品との関わりなどに言及していた。18時終了予定だったが、15分ほどオーバーして閉会となった。

最後に柴田元幸が出て来て、リチャード・パワーズの基調講演のロング・バージョンが4月発売の「新潮」に掲載されると発言した。そしてその翻訳は柴田元幸自身が担当する。売り物にするからみんなには配らなかったんだな。このシンポジウムの模様も「文学界」で取り上げられるようだ。

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

kanekatu

Author:kanekatu
翻訳会社コーディネータの徒然。別にやっているブログからの転載もあるかも。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。