翻訳にまつわるアレコレ//翻訳にまつわる雑多な情報など・・
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/06/25 (Thu) "No side"と"Full time"

将棋やら落語やらと自分の趣味に引きつけて色々書いてきたが、今回はラグビー。先日も娘を連れて秩父宮ラグビー場にラグビーを観に行ってきた。U20世界ラグビー選手権というのが日本で開催されていて、日本対スコットランドの試合を観たのだ(結果は残念ながら敗戦)。この大会は既に終了しており、優勝はニュージーランド。

私のようなラグビーファンでなくても「ノーサイド」という言葉は聞いたことがあるだろう。ラグビーの試合において「試合終了」を意味しており、要は試合が終われば敵味方関係なく健闘を称え合おうということだ。私も「ノーサイド」という言葉は大好きで、ラグビーにおいてのみこの言葉が使われることに誇りさえ感じている。

ところが、この「ノーサイド」という言葉を使っているのはどうやら日本だけらしいのだ。この話題はラグビーファンであれば「耳にたこ」かもしれないが、このブログの読者にはあまり馴染みのない話題だと思うので紹介する。
ラグビージャーナリストの村上晃一さんのブログ「ラグビー愛好日記」でも最近この話題が取り上げられていた。

コメントで、試合終了のことは日本では「ノーサイド」というのに対し、海外ではなんと言うのか?というご質問ありました。単純に「フルタイム」と言います。ただ、日本が大切にしてきたノーサイドという言葉と精神は、日本にやってくる海外のラグビー関係者から再評価されており、もしかすると世界でも使うようになるかもしれないですね。



ラグビーファン以外はほとんど知らないと思うが、日本はいまワールドカップ2015年大会と2019年大会の招致に立候補している。日本のワールドカップ招致の弱点は観客動員に尽きる。要するに、日本で開催したとしてお客さん入るんですか?ということだ。そこで、今回のU20世界ラグビー選手権がひとつの試金石となっていた。結果、この大会では、前回のウェールズ大会の総観客動員58,538人を遙かに超える、103,012人の動員を達成することができた(私と娘の2人もここにカウントされているはずだ)。これによりIRB(International Rugby Board)のCEOからも最大級の賛辞をもらったそうだ。

7月28日のIRB理事会にて2015、2019年の開催国が決定する。ワールドカップが日本に来て、世界各国のラグビーファンが日本に集まり、「ノーサイド」という言葉と精神が観客みんなに浸透すればいいなと思っている。

翻訳 | trackback(0) | comment(2) |


<<ニュース英語リスニング&スピーキングDualトレーニング(ケリー伊藤) | TOP | 英語学習ソフト『超字幕』>>

comment











管理人のみ閲覧OK


ノーサイド

ノーサイドが日本でだけ使われている「ジャングリッシュ」だったとは知りませんでした。だとしたらやはりこれは、和製英語の最高傑作でしょう。やはり日本人には「発明の才」があるのかもしれません。それにしても日本のラグビーはちょっと弱すぎますね。体格の問題が大きいのでしょうが。やはり体格を比較的気にせず戦えるスポーツ、野球とサッカーのほうへ目がいってしまうのは日本人にとっては仕方ないのかもしれません。ただラグビーそのものは本当に見ていて楽しく、洗練されたスポーツの一つだと思います。

2009/06/29 14:11 | papillon king [ 編集 ]


Re: ノーサイド

コメントありがとうございます。
体格の差はいかんともしがたいものがありますので、速さと低さで対抗して欲しいと思っています。

2009/06/29 14:25 | kanekatu [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://kanekatu.blog65.fc2.com/tb.php/44-5731d72e

| TOP |

プロフィール

kanekatu

Author:kanekatu
翻訳会社コーディネータの徒然。別にやっているブログからの転載もあるかも。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。