翻訳にまつわるアレコレ//翻訳にまつわる雑多な情報など・・
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/10/22 (Wed) 遁走状態(ブライアン・エヴンソン著 柴田元幸訳)

幻想と覚醒が織りなす、19の悪夢。驚異の短篇集、待望の邦訳刊行! 前妻と前々妻に追われる元夫。見えない箱に眠りを奪われる女。勝手に喋る舌を止められない老教授。ニセの救世主。「私」は気づけばもう「私」でなく、日常は彼方に遁走する。奇想天外なのにどこまでも醒め、滑稽でいながら切実な恐怖に満ちた、19の物語。ホラーもファンタジーも純文学も超える驚異の短篇集、待望の邦訳刊行!



雑誌「MONKEY」に掲載された 「ザ・パニッシュ」 という短編が面白かったので、この本も読んでみた。現実と幻想の境目が溶け出すような不穏な話が多い。ついて行けない話もいくつかあったが、概ね興味深く読んだ。基本的にラストも救いがないところが逆にいいんだよな。ジャンル分け不能の独特の世界観だな。
英米文学好きの人なら押さえておいてもいいと思うよ。

遁走状態 (新潮クレスト・ブックス)遁走状態 (新潮クレスト・ブックス)
ブライアン エヴンソン Brian Evenson

新潮社 2014-02-28
売り上げランキング : 112276

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


2014/02/18 (Tue) 守備の極意(上・下)(チャド・ハーバック著、土屋政雄訳)

ウェスティッシュ大学野球部の捕手マイク・シュウォーツは、痩せっぽちの高校生ヘンリーの守備練習に見とれていた。ますます強くなるコーチのノックを、この小柄な遊撃手は優美なグラブさばきで楽々と捕え、矢のような球を次々と一塁に送る。その一連の動きはまさに芸術品だった。「来年はどこの大学でプレーするんだ」と聞いた。「大学へは行かない」シュウォーツはにやりとした。「さて、そうかな」シュウォーツはようやく見つけたのだ。みずからの弱小チーム立て直しの切り札を―アメリカ文学界の新星が贈る、野球への愛にあふれる傑作小説。



本屋で立ち読みして面白そうだなと思い図書館で借りた。この本は当たりだったね。実に面白かった。野球小説であり、青春小説であり、家族小説でもある。

主人公のヘンリーを始めとして、ヘンリーの寮のルームメイトであるオーエン、ヘンリーを見出した上級生のマイク、大学の学長のアフェンライト、アフェンライトの娘のペラ、などなど、実に人物がよく描けている。本筋に関係のない細かいエピソードも印象に残るし、ユーモラスな描写も上手い。

それから、オーエンというルームメイトと野球ということで、どうしたってジョン・アーヴィングの『オウエンのために祈りを』も想起させる(似たようなエピソードもある)。もちろん著者も意識してるだろうな。
この本は日本ではあまり話題になっていないけど、もっと話題になってもいいんじゃないかな。

守備の極意(上)守備の極意(上)
チャド ハーバック Chad Harbach

早川書房 2013-11-22
売り上げランキング : 47375

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


守備の極意(下)守備の極意(下)
チャド ハーバック Chad Harbach

早川書房 2013-11-22
売り上げランキング : 47594

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


2013/11/28 (Thu) SONGS FOR THE PHILIPPINES

ユニバーサル ミュージック グループ (Universal Music Group、本社:米国/以下、UMG)はソニー・ミュージックグループ、ワーナーミュージック・グループのレコード会社3社と共同で2013年11月にフィリピンを襲った大型台風30号(ハイエン)に被災された方々への支援のため、所属アーティストによる楽曲39曲が収録された配信限定アルバム 『SONGS FOR THE PHILIPPINES』 を 11月25日(月)よりiTunes Store を通じ世界同時に発売いたしました。
本アルバムは、洋楽のコンピレーション・アルバムとしてザ・ビートルズやボブ・ディランを始め、レコード会社の枠を超えトップアーティストによる思いやりと希望をテーマにした楽曲が収録されています。
2011年に東日本大震災の被災者支援を目的に発売された『SONGS FOR JAPAN』 は、発売後1か月で500万USドルを売り上げ、日本赤十字社へ寄付されました。
本作品の売上についても義援金としてフィリピン赤十字社に直接寄付され、被災者支援や被災地の復興支援などに充てられる予定です。

■収録楽曲
1. The Beatles - "Across The Universe"
2. Bob Dylan - "Shelter From The Storm"
3. Michael Buble - "Have I Told You Lately That I Love You"
4. U2 - "In A Little While"
5. Bruno Mars - "Count On Me"
6. Beyonce - "I Was Here"
7. Eminem - "Stan" (Live from BBC Radio 1)
8. Cher - "Sirens"
9. Adele - "Make You Feel My Love"
10. Katy Perry - "Unconditionally" (Johnson Somerset Remix)
11. One Direction - "Best Song Ever"
12. Fun. - "Carry On"
13. Lady Gaga - "Born This Way" (The Country Road version)
14. Justin Timberlake - "Mirrors"
15. Justin Bieber - "I Would"
16. Alicia Keys - "New Day"
17. Imagine Dragons - "30 Lives"
18. Madonna - "Like A Prayer"
19. P!nk - "Sober"
20. Kylie Minogue - "I Believe In You"
21. Enrique Iglesias - "Hero"
22. Red Hot Chili Peppers - "Factory Of Faith"
23. Linkin Park - "Roads Untraveled"
24. Kings Of Leon - "Use Somebody"
25. Muse - "Explorers"
26. Lorde - "The Love Club"
27. Josh Groban - "Brave"
28. Kelly Clarkson - "Stronger"
29. Paolo Nutini - "Simple Things"
30. Ellie Goulding - "I Know You Care"
31. James Blunt - "Carry You Home"
32. Pitbull feat. Christina Aguilera - "Feel This Moment"
33. Earth, Wind & Fire - "Sign On"
34. Apl.De.App - "Going Out" feat Damian Leroy
35. Sara Bareilles - "Brave"
36. Jessica Sanchez - "Lead Me Home"
37. Lily Allen - "Smile"
38. The Fray - "Love Don't Die"
39. The Beatles - "Let It Be"



チャリティーにもなるし、これだけ入っていて1,500円はお得だ。個人的には「The Fray」の新曲が入っているのが嬉しかったね。

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


2013/06/25 (Tue) 字幕屋のニホンゴ渡世奮闘記(太田直子)

世界一の高品質と言われる日本の映画字幕。その製作をめぐる職人的極意から、憂慮すべきニホンゴ問題まで一刀両断、気鋭の字幕翻訳家によるエッセイです。銀幕の裏で呻吟する字幕屋にも、字数制限さえなければ広い渡世があるものを。日々発展の技術のもと、刻々改定の日本語に喘ぎ、されど時代と言葉の伴走者、字幕文化の灯は消すまじ。



私も翻訳業界の片隅に生きているのだが、字幕翻訳のことはよく知らなかった。翻訳する前に「ハコ書き」という作業があるんだね。要するに、表示させる字幕ごとにセリフを切っていく作業なのだが、これの良し悪しがその後の翻訳を左右するという。まあ、そうだろうね。
あとは、字数制限の話も多かった。これは大変なのは想像がつくし、大変なだけに色々な工夫もあって面白かった。
広い意味では同じ業界なので、悩みや嘆きは結構共通なんだなとも感じたね。


字幕屋のニホンゴ渡世奮闘記
字幕屋のニホンゴ渡世奮闘記太田 直子

岩波書店 2013-04-17
売り上げランキング : 117652


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

翻訳 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

kanekatu

Author:kanekatu
翻訳会社コーディネータの徒然。別にやっているブログからの転載もあるかも。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。